代表挨拶

 一昔前は、満室だったのが当たり前だった、賃貸アパート・マンション。
家賃も今の時代の様に下落するのではなく、上がった時代さえありました。
今は気が付けば、空室は当たり前、不動産会社から相談があれば、毎回の様に賃料を下げてくださいと言われる厳しい時代となりました。

静岡県の人口減少率、空室率は今後も上昇すると予想される事と近年、金融機関が不動産投資への融資に対し活発だったこともあり、地主様以外の大勢の投資家と呼ばれる方達が賃貸業に参入された事により、賃貸業が以前の様な対策だけでは経営が難しくなってきました。

賃料は安くないのに常に入居者がよい物件、賃料を安くしているのに決まらない物件、賃料以外にも空室の原因はあるはずです。
賃料値下げは、管理会社、不動産会社には楽な提案ですが、安易に下げてしまうと更なる賃料値下げ、物件価値(売買価格)の減少に繋がります。

弊社はPM(プロパティマネージャー)=オーナーの利益を最大化することを目標とするパートナーとして賃貸経営をお手伝いします。

前述したように安易な賃料値下げだけで、賃貸経営をしていくことは、その場しのぎの対応でしかなく、問題の先送りをしていることにもなりかねません。
弊社はオーナー様の大事な資産をお預かりする事を十分に理解し、安易な値下げ交渉は行いません。

問題を発見するような物件の定期巡回、仲介業者様へヒアリング、モデルルーム化、様々な選択肢を提供して、オーナー様の立場に立って、オーナー様の利益の最大化に努め、オーナー様の大切な資産である「不動産」の資産維持に努めます。

PAGE TOP